ココナッツオイル健康法

ココナッツオイル健康法#21(1日の摂取量)

今回はココナッツオイルの1日の摂取量について… 体重1キロにつき、少なくとも1グラムまでの中鎖脂肪酸は安全という臨床研究の結果がいくつもあるそう。 なので、体重が68キロのの人なら大さじ5杯、90キロの人なら大さじ6.5杯分なら大丈夫だそう。 これより多…

ココナッツオイル健康法#20(ココナッツオイルは他の栄養素の吸収を高める)

前回の記事で、中鎖脂肪酸は他の栄養の吸収を高めてくれることを書きました。 今回はその続きです。 母乳に含まれる重要な成分のうちの一つが中鎖脂肪酸、主にラウリン酸だそう。 もちろんラウリン酸はココナッツオイルに含まれてます。 母乳に含まれる中鎖…

ココナッツオイル健康法#19(中鎖脂肪酸がエネルギーになりやすいわけ)

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸がエネルギーに変換されやすいので良いということを以前に書きました(1)、(2)、(3)が、今回はその仕組みについてです。少し専門的かもしれません。 長鎖脂肪酸と比べ、中鎖脂肪酸の方が、粒子が小さいそうで、分解して消化する…

ココナッツオイル健康法#18(ココナッツオイルは皮脂に似ている?)

ココナッツオイルには、皮脂に含まれているのとよく似た中鎖脂肪酸がたっぷりと含まれているみたいで、皮膚の上にいる細菌によって、遊離脂肪酸となり、抗微生物作用を持つそうです。 よって、ココナッツオイルを塗ることで、もともとの皮脂の中鎖脂肪酸の抗…

ココナッツオイル健康法#17(スキンローションとしてのメリット)

前回からの続き… ココナッツオイルは飽和脂肪酸なので、フリーラジカルの生成を防ぎ、ココナッツオイルの抗酸化成分によってフリーラジカルによる損傷を防いでくれるみたい。 伝統的に服をほとんど身に付けないポリネシア諸島の人々は、太陽に肌をさらしてい…

ココナッツオイル健康法#16(肌につけるクリームについて…)

市販されている多くのハンドクリームやボディローションの主成分は水だそうで、これがあまりよくないみたい… クリームを使うと、乾燥した肌に水分は素早く浸透するそうで、細胞に浸透し、細胞が膨張して、しわが伸び、肌がなめらかになるそう。 ただ、これは…

ココナッツオイル健康法#15(植物油の甲状腺への影響)

精製植物油が体重を増加させるのは、カロリーの高さではなく、代謝をコントロールする甲状腺に悪影響を与えるからだそうです。 多価不飽和脂肪酸を多く含む植物油は、甲状腺の働きを低下させるので、代謝率が悪くなるそうです。 ココナッツオイルや飽和脂肪…

ココナッツオイル健康法#14(ココナッツオイルで持久力UP)

中鎖脂肪酸を摂ると、直接肝臓に送られてエネルギーに変換され、体にエネルギーを送り出すそうです。 また、中鎖脂肪酸は、エネルギーを生産する細胞小器官が簡単に吸収できるので、代謝が上昇する。 これにより、体全体の働きを促進するそうです。 ある調査…

ココナッツオイル健康法#13(発熱作用の研究結果)

前回の続き… ある調査では、40%の脂肪を含む高カロリー食で、その脂肪が中鎖脂肪酸である場合と長鎖脂肪酸である場合の熱発生作用を比較したそう。 その結果、中鎖脂肪酸の熱発生作用は120 kcalで長鎖脂肪酸の場合は66 kcalだったそう。 研究者の結論は、中…

ココナッツオイル健康法#12(発熱作用)

食べ物を食べときの発熱作用は食べるものによって変わるそうです。 肉などのタンパク質が多い食べ物は、熱発生を高め、体を刺激し、活力を与えるそう。 食べ過ぎた場合は、消化器系に負担がかかり、エネルギーが失われ、疲労感を感じるそうで、これが、食べ…

ココナッツオイル健康法#11(ココナッツオイルは抗酸化物質にとって代わる?)

基本的に抗酸化物質は果物や野菜から摂れる。 この抗酸化物質が体をフリーラジカルから守り、老化を防いでいてくれる。 フリーラジカルは植物油から摂れてしまってもいるので、老化を防ぐのに抗酸化物質が必要になる。 しかし、ほとんどの人は十分な量の果物…

ココナッツオイル健康法#10(ココナッツオイルで細菌とウイルスを撃退)

現在、心臓病の中には、抗生物質で治療ができるものがあるそう。 しかし、細菌はには効くがウイルスが原因のものには効果はないみたい。 ここで、細菌とウイルスの両方に効くのが、中鎖脂肪酸みたいで、多く含まれるココナッツオイルが効果的みたいです。 中…

ココナッツオイル健康法#9(脂肪酸の種類とコレステロール値の関係)

飽和脂肪酸とコレステロールの関係について… 飽和脂肪酸は動脈を詰まらせないそうです。 動脈に沈着してプラークとなる脂肪は主に不飽和脂肪酸とコレステロールだそうです。 動脈を詰まらせる動脈プラークは酸化した脂肪だけで、飽和脂肪酸は酸化しにくいの…

ココナッツオイル健康法#8(ココナッツオイルとコレステロールの関係)

ココナッツオイルとコレステロール値の関係について ココナッツオイルはコレステロール値に影響を与えないそうです。 理由はココナッツオイルの主成分が中鎖脂肪酸だからだそうです。 中鎖脂肪酸は他の脂肪酸と異なり、すぐに燃焼され、エネルギーになるので…

ココナッツオイル健康法#7(ココナッツオイルとMCTオイルの違い)

MCTオイルとココナッツオイルの違いについて… MCT(中鎖脂肪酸トリグリセリド)オイルは100%中鎖脂肪酸でできているオイルのこと。ちなみにココナッツオイルでは64% 中鎖脂肪酸には、さまざまな健康効果があるので、MCTオイルの方がよさそうに見える。 し…

ココナッツオイル健康法#6(トランス脂肪酸の弊害)

トランス脂肪酸が与える影響についてさまざまな研究報告 動物実験では、トランス脂肪酸を含むエサを与えられた豚は、そうでない豚に比べ、アテローム性動脈硬化が多く発生したそうです。 『The New England Journal of Medicine』誌では、8万人以上の看護師…

ココナッツオイル健康法#5(トランス脂肪酸について…)

トランス脂肪酸について… ショートニングとマーガリンは水素添加された油で、35~40%程度のトランス脂肪酸を含んでいる。 一般的な方法で加工された液状食用油では、15~19%程度だそうです。 まず、食用油でもトランス脂肪酸が含まれているのは意外。あと…

ココナッツオイル健康法#4(飽和脂肪酸について…)

飽和脂肪酸について… 飽和脂肪酸には、壊れてフリーラジカルを生成しやすい炭素二重結合がないので、不飽和脂肪酸に比べ、熱や光、酸素による酸化やフリーラジカルが生成されにくい。 なので、加熱調理には、飽和脂肪酸が適している。 ココナッツオイルは飽…

ココナッツオイル健康法#3(ショートニングとマーガリンについて…)

ショートニングとマーガリンについて… 植物油に含まれる不飽和脂肪酸に水素添加し、科学的に変化させ、飽和脂肪酸の含有量をより高い油にしたもの。 飽和脂肪酸の含有量が高くなることで、油が劣化しにくく、動物油やココナッツオイルに比べて安くでできる。…

ココナッツオイル健康法#2(植物油は危険!)

植物油が危険なわけ… 植物油は多価不飽和脂肪酸で、この多価不飽和脂肪酸の分子内に見られる炭素二重結合は熱や光により、非常に酸化しやすいそうで、フリーラジカルを生成する。 フリーラジカルは人間が体内に蓄えている抗酸化物質を枯渇させ、組織や細胞ダ…

ココナッツオイル健康法#1(ココナッツオイルの成分)

ココナッツオイルとその親戚にあたるパームオイル、パームカーネルオイルについて… 肉や植物油などの油は長鎖脂肪酸が主に含まれ、食べた後にエネルギーとして使われない場合は体の脂肪組織として蓄えられるそうです。 一方、パームオイルはわずかだが、ココ…