ココナッツオイル健康法#1(ココナッツオイルの成分)

ココナッツオイルとその親戚にあたるパームオイル、パームカーネルオイルについて…

 

肉や植物油などの油は長鎖脂肪酸が主に含まれ、食べた後にエネルギーとして使われない場合は体の脂肪組織として蓄えられるそうです。

一方、パームオイルはわずかだが、ココナッツオイルとパームカーネルオイルの油は主に中鎖脂肪酸でそれぞれ64%と58%含まれ、食べ物の中で圧倒的に多いそうです。中鎖脂肪酸は、分解されて、エネルギー生産に使われ、体脂肪になったり、動脈に沈着することがほとんどないそうです。つまり、脂肪ではなく、エネルギーを生んでくれる油ということ。

 

どちらもエネルギー源なので、中鎖脂肪酸の方が先に、エネルギー源として分解されるってことでいいのかな?

とりあえず、ココナッツオイルの健康効果のキーは中鎖脂肪酸ってことで、明日以降、健康効果を載せていきたいと思います。

 

僕はこのココナッツオイルを使ってます。

 

そして、今回の本。

著者は、ココナッツオイルに関して右に出るものがいないほどの有名人らしい。

1度読みましたが、なかなか良かったですよ。

ココナッツオイル健康法~病気にならない 太らない 奇跡の万能油~

ココナッツオイル健康法~病気にならない 太らない 奇跡の万能油~