ココナッツオイル健康法#15(植物油の甲状腺への影響)

精製植物油が体重を増加させるのは、カロリーの高さではなく、代謝をコントロールする甲状腺に悪影響を与えるからだそうです。

多価不飽和脂肪酸を多く含む植物油は、甲状腺の働きを低下させるので、代謝率が悪くなるそうです。

ココナッツオイルや飽和脂肪酸なので甲状腺の働きは低下させないそうです。

ホルモンの研究が専門の内分泌学者、レイ・ピート博士によると、

不飽和脂肪酸が多い油は、甲状腺ホルモンの分泌、循環、そしてホルモンに対する組織の反応を阻害する。

甲状腺ホルモンの機能が不十分だと代謝も低下する。

つまり、多価不飽和脂肪酸を多く含む油は、カロリーが高く、他のどんな脂肪よりも体重を増加を促すそうです。

 

 

以上より…

体に悪い油は、動物性脂肪よりも、精製植物油だということでいいのかな?

甲状腺に悪影響を与えるのは、多価不飽和脂肪酸なのか、酸化した油なのか?(精製植物油は酸化しやすいので…

いずれにしても、精製植物油は避けた方が良さげ。

本では植物油をココナッツオイルに置き換えるといいと書いてあるが、揚げ物避けるでも十分効果はありそう。

あとは、お菓子とかにも含まれるので、なるべく避けたいところ。

食べるなら先に抗酸化物質を摂っておくことかな?(ココナッツオイルでも良さそう

 

ココナッツオイル健康法~病気にならない 太らない 奇跡の万能油~

ココナッツオイル健康法~病気にならない 太らない 奇跡の万能油~