ココナッツオイル健康法#16(肌につけるクリームについて…)

市販されている多くのハンドクリームやボディローションの主成分は水だそうで、これがあまりよくないみたい…

クリームを使うと、乾燥した肌に水分は素早く浸透するそうで、細胞に浸透し、細胞が膨張して、しわが伸び、肌がなめらかになるそう。

ただ、これは一時的なものだそうで、水分が蒸発したり、血液に持ち去られてしまうと、肌はまた乾燥するそう。

なので、通常のボディケア製品は、乾燥肌は治せないそうです。

 

また、クリームやローションに含まれる油にも注意した方がいいみたいです。

含まれる油が多価不飽和脂肪酸であれば、酸化していたり、酸化しやすいみたいで、これを肌につけてしまうと、肌でもフリーラジカルが生成され、肌の老化を早めることになるそうです。

 

 

以上より…

まず、市販の化粧品の多くは水分なので、高級なものを買ってもあまり意味なのだと思われる。

大事なのは保湿だと思われるので、こまめにクリームを塗る方がよさそう。

自分はニベアだけです。

水分が含まれるが、安いので、何度も塗りなおしができるのがいいところ。

以前はワセリンを使っていましたが、塗りにくいのとニベアでも効果はあるみたいなのでニベアにしました。

パレオさんのブログ参照→保湿のためのワセリンニベアでも十分かも

 

含まれる油が、多価不飽和脂肪酸であれば危険だが、ココナッツオイルは飽和脂肪酸なので安心ということを次回に書きます。

 

ココナッツオイル健康法~病気にならない 太らない 奇跡の万能油~

ココナッツオイル健康法~病気にならない 太らない 奇跡の万能油~