ココナッツオイル健康法#17(スキンローションとしてのメリット)

前回からの続き

 

ココナッツオイルは飽和脂肪酸なので、フリーラジカルの生成を防ぎ、ココナッツオイルの抗酸化成分によってフリーラジカルによる損傷を防いでくれるみたい。

伝統的に服をほとんど身に付けないポリネシア諸島の人々は、太陽に肌をさらしているが、肌は美しく、シミやガンがないそうです。

その理由は、ココナッツオイルを食べ、ボディーローションとして使っているからだそうです。

 

肌の表面には死んだ細胞の層があり、死んだ細胞がはがれると新しい細胞が取って代わるそうで、このプロセスは年を取ると遅くなり、死んだ細胞が蓄積し、肌がざらざらしたりするそうです。

ココナッツオイルは、この古い角質を取り除く効果に優れ、肌を若々しくしてくれるそうです。

また、この古い角質層の下の結合組織を強化してくれるみたいで、肌のたるみやしわを防いでくれるみたい。

 

余計な角質を取り除き、その下にある組織を強化するのが、ココナッツオイルをスキンローションとして使うメリットだそうです。

 

 

以上より…

僕も過去にココナッツオイルをスキンローションとして使いましたが、肌が荒れました。

最初の2、3日は肌の調子かなりいい感じでしたが、次第に荒れてきました。

まぁココナッツオイルのすごさを実感し、つけすぎたのでしょう。笑

本にも書いてありますが、少量を薄く塗る感じだそうで、必要に応じて何度も塗りなおすのがいいみたい。

まぁ「濡れたら塗る」ぐらいの感じではないでしょうか?

僕みたいに失敗しないために、まずは目立たないところで、少しづつ試してみた方がいいと思います。

肌に合う合わないはあるので、自己責任でお願いします。笑

 

久しぶりにつけてみるか…

 

ココナッツオイル健康法~病気にならない 太らない 奇跡の万能油~

ココナッツオイル健康法~病気にならない 太らない 奇跡の万能油~