ココナッツオイル健康法#20(ココナッツオイルは他の栄養素の吸収を高める)

前回の記事で、中鎖脂肪酸は他の栄養の吸収を高めてくれることを書きました。

今回はその続きです。

 

母乳に含まれる重要な成分のうちの一つが中鎖脂肪酸、主にラウリン酸だそう。

もちろんラウリン酸はココナッツオイルに含まれてます。

母乳に含まれる中鎖脂肪酸が、栄養を吸収する力を高め、消化機能を助け、血糖値の調節を補助し、赤ん坊を有害な微生物から守ってくれるみたいです。

 

出生時の体重が非常に低かった新生児46人を対象にした研究では、粉ミルクにココナッツオイルを加え、体重の増加を促進するか調べたそう。

すると、ココナッツオイルを添加したグループの方が増加が速かったそう。

また、体重の増加は肉体の成長によるものだそうで、脂肪の蓄積による増加ではなかったみたい。

ココナッツオイルにより、必要な脂質を吸収できるだけでなく、脂溶性のビタミン、ミネラル、タンパク質もよりよく吸収できたからだと考えられるそう。

 

 

以上より…

栄養の吸収を高めてくれるのはうれしいところ。

毎食にココナッツオイルをかけて食べるといいかも。(食後のコーヒーに入れるとかも?)

1日に大さじ1杯摂れれば大丈夫そうなので、1回の量は少なくていいかも…

ココナッツオイルは脂なので、脂溶性ビタミンのビタミンA、D、E、Kの吸収を高めてくれそう。

 

ココナッツオイル健康法~病気にならない 太らない 奇跡の万能油~

ココナッツオイル健康法~病気にならない 太らない 奇跡の万能油~